のびのび育児のはじまり

最近ある人がこれ読んでみたらと本を貸してくれました。その本を読み始めると…目頭が熱くなり…心が燃えました。そしてこれまでの3年間を振り返りました。こどもが成長しようとする瞬間を奪ってはいけない。快適な空間を覚えてしまうとそこから出なくなる。親が大切にしないもの、きたないと思うものを子供は絶対に大切にしない。色々な言葉が思い出されます。のびのびと子供を育てたいのと友達に言うと、今の時代にのびのびと育てることが一番難しいんだよ、と返されました。そうなのか…。そんな時代なのか…。子供が1歳半を過ぎた頃、子供とコミセンで遊んでいたら、私に一枚の手作りのチラシを手渡した人がいました。「これ私は関係ないのだけど、私の知り合いなのよ。良かったら行ってみてね。」そこには「ママとベビー、里山で英語を学ぼう。」と書いてありました。もともと子供に英語を身につけてほしいと考えていた私は、何となく怪しいなと思いながらもそこに書いてある個人のお宅の連絡先に電話をしてみたのです。「あの、チラシを見て電話したのですが。」「あはは、幸か不幸か、あなたは最初の問い合わせの人です。」「あの、とても興味があるのですが…。」「じゃあ、今度こんにゃくを作るので来てください。」「はっ?こんにゃく?」私とゆらりっこの全てはここから始まったのです。

Featured Posts
Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Search By Tags