Cooked rice over on an open fire!

今日ゆらりっこでは飯ごう炊さんと花の苗を植えました。 飯ごう炊さんはサマースクールに備えて練習です。 昔、むかしにした事があるだけで全く自信が無い。 せっかくなので子供たちにもお米を研いでもらいました。 小さな手が可愛いくてたまりません! 花の苗は子供達が上手に植えてくれました。 虫が苦手なママが「Uhh~!」と言いながら 恐る恐る土を触っていました。 「大丈夫!そのうち虫が苦手じゃなくなるよ! 私も最初虫がダメだったけど今は平気よ。」 「Oh,,,OK~」 そのママが虫が怖くなくなる日が来るのを見たい! そして今日は特別にひとり一つずつ桃を収穫して 美味しくいただきました。「yummy~!」と 子供達がかぶりついていました。 そして私は火をおこしにアグリ小屋の方へ…。 さて、火はどうやっておこすのでしょうか。 まずかまどの一番下に紙、その上に乾燥した小枝などを 空気が入るように隙間を作りながら置きます。 マッチで紙に火をつけて小枝に火がうつれば火はだんだんと 上へ上へと燃えていきます。 小枝から細い薪に、細い薪から太い薪に少しずつ燃え移らせて いきます。火おこしさえできれば一安心です。 あとは飯ごうを火にかけて良く見る! 「はじめチョロチョロ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふたとるな。」 の通りに始めは弱火、沸騰したら強火にします。 飯ごうから白い糊のようなものが流れ出したら 炊きあがりが近いようですが, いつ火から離してよいものやら…? そこで面白い確認方法を教えてもらいました。 飯ごうのふたに枝を当てるのです。 炊いている間はぐつぐつという振動があります。 この振動が伝わらなくなったら炊きあがり! さて、枝を当ててみると…振動がない、ということは もう炊きあがっている!? 火からおろして蒸らして(何故か飯ごうを逆さにします。)、 いよいよ出来上がりです。 忘れかけていたわくわくの瞬間!! 蓋を開けると…美味しそうなご飯ができていました。 皆でぱくぱく食べました!!

Featured Posts
Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Search By Tags