真夏の夜の大冒険!?


ゆらりっこができたのが2011年の春。 運命なのかご縁なのか、息子がゆらりっこ第1号生徒でした。 それから3年ずっとゆらりっこに通っていて、どうしてもしてみたかったことがありました。 そして遂にそれを実現しました!ゆらりっこに泊まったのです! 昼間のゆらりっこは知っているけれど,夜や明け方のゆらりっこってどんな感じなのだろう? ダンナが畑の世話をしに朝早くから行くようになったのですが、 先日朝日を見たそうで、その風景が何とも言えず温かい気持ちになったそうです。 私も見たい!息子にも冒険させてみよう!サマースクールも近づいてきて色々シミュレーションもあるし、どうぜならゆらりっこでゆっくり考えよう!という事でいざ実行に移す事になったのです。 布団を積んで夕方前に到着。ダンナは草刈り、私と息子はご飯の準備。 息子は興奮して『今日泊まる~!ここで寝る~!わいわいわぁ~い!」とおおはしゃぎ。 サマースクールについて話をしながら夕食をとり、息子の待ちに待った時間、今年初めての花火をして楽しい時間は終わり。10時に就寝です。 ふだん9時前に寝ている息子は爆睡、私にとってはここからが本番です。 どんな声が聞こえるの?何か来るかな?真っ暗? …さ、さ、寒い…。すごく寒い…。山…だね…。 息子を挟んでくっつきながら笑いが止まりません。 私は鼻水が流れ出し、薄着のダンナは寒くて眠れない様子。 うちからたった15分なのにこんなに気温が低いんだね。 ひそひそ話は気温のことばかり。 外では小動物なのか鳥なのか、色々な鳴き声が響いています。 音が近いのです。 すぐそこにいるみたいです。 私も眠れなくなってしまい何度も窓の外を見てみたり、空を見てみたり…。 何だか日本昔ばなしみたいな夜。 そのお話の中に入り込んだような気持ちになりました。 うとうとしたのは明け方で、目が覚めた時には外は明るくなっていました。 ダンナがレモンバームを摘んでハーブティーを入れてくれました。 外の風景はいつものゆらりっこでした。気温も上がってきて暑くなりそうです。 息子にどうだった?と聞くと、「動物が鳴いてたね。3つの鳴き声が聞こえたよ。」 「怖かった?」「ううん、怖くなかった。またここで寝る!」 また少し成長したかな。 ここは人が育つ場所です。子供だけでなく大人も。 ここでの体験がどれほど大きなことかはきっと後になって分かるのかもしれません。 真夏の夜の大冒険はまだまだ続きそうです。

Featured Posts
Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Search By Tags