Playing in the Mud is more than just Fun!!

5月22日のtoddlerクラスは、泥んこ遊びをしました。 1週間前、ゆらりっこの苗代に今なら入れる!と思い長靴で入ってみると、ズズズ~っと沈んで行きました。これはちょっと危ないかなと思い、入るのを止めました。 後で園長に話をすると、「長靴を履いているからでしょう。素足なら沈みませんよ。もし水が多かったら水を抜きなさい。」とのこと。 晴天が続いたある日、トミーに、やっぱり泥んこ遊びしたいね!、と言うと、ようし、入ってみよう。と素足になって苗代に入っていきました。大丈夫!気持ちいい!絶対楽しいよ。 今度のtoddlerクラスは泥んこ遊びをしようと決めました。 前日にみんなにメールをしました。ご希望でしたら泥んこ遊びをします。服は捨ててもいい服で レッスンの始まりは楽しいダンスから!ノリノリの音楽をかけてトミーの動きを真似したり、子供たちは好きにダンスしたり、テンションが上がります! ダンスの後はHappy Harryがやってきました! トミーがHappy Harryに変身して、Story timeの始まりです。 Happy Harryが面白いのでゲラゲラ笑ってしまいます。 さあ、お待ちかねの泥んこ遊びの時間です。最初にトミーと私が素足で入っていきます。 さぁ、いいよ~!みんな入っておいで~! 子供たち….入りません!え~っ!入らないのぉ~!?気持ちいいよ~!! 「ママが入ったら入る~!」ドキッ!とするママも。やっぱり入らなきゃダメかぁ。 そう、入りたくないんです。最初は。私もそうでした。汚れるし、後が大変だし…。 でも、泥んこ遊びの楽しさったら…、泥んこ遊びは楽しいぞ~! 泥んこ遊びはただ楽しいだけでないと思います。泥んこ遊びをしたことは記憶にも体にも残るのではないかと思います。 おやつはとってもとっても貴重な今年初めての巣蜜(Honey comb)です。 ゆらりっこでは蜂の巣箱を設置しています。毎年はちみつの収穫をしています。 園長が今年初めての蜂蜜を収穫して、子供たちのために巣蜜を分けておいてくれました。 初めて体験するママと子供たちはびっくり!格別の美味しさです! なぜだか急にレイチェル・カーソンのThe Sense of Wonderが読みたくなりました。 まだちゃんと読んだことがなく、読める時がきたら読もうと、とっておいた本です。 子供とゆらりっこの里山で遊ぶようになって4年が経ちました。 今なら読めます。読みたい!あぁ、できることなら原書に挑戦したい!

Featured Posts
Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Search By Tags