Enjoying Harvesting Rice

10月16日のtoddlerクラス。今日のメインアクティビティは稲刈りです。 稲刈り初体験の子もいます。トミーとJonasで子供たちと刈っていきます。 稲刈りの前にトミーが英語で説明します。 カマを使って刈ります。刈ったら稲は紐の上に2~3束まとめて置きます。束を紐で縛る時には下を揃えて縛ります。稲束を7:3に分けて交互に竹の干し場に干していきます。 子供たち一生懸命お手伝いしてくれます。みんなスゴイね~!餅つきが楽しみだね! 毎年年末にゆらりっこの田んぼのお米で餅つきをするのです。 お米を作るってスゴイなぁと思います。米づくり体験は貴重な体験だと思います。 米作りを通して命や人生を見つめるというか…。言葉にするのが難しいです。 我が家は今年初めて田んぼを借りて無農薬のお米を作りました。 田んぼを借りることになった時、園長に言われた言葉があります。 あなたは命を見つめることになります。 意味が分からないまま、とりあえず挑戦してみます、と言って始めた米作り。 先日稲刈りが終わりました。米ができました。今はっきりと言えることがあります。 自分がすることは、全部自分に返ってくるということです。 適当に田植えをしたら稲刈りでどんなに苦労するか、外から見ただけで判断すると大間違いとか、稲刈りで束ねる作業をいい加減にしておくと脱穀の時に苦労したり…。 自分がいい加減なことをしたら全部自分に返ってきて、苦労するのは自分でした。 これって人生にも言えるかな。 自分の中で米作りを通して見つめてきたことがあります。気が付いたことがあります。 園長があなたの田んぼにはトンボがいっぱい来ています。カエルがぴょんぴょん跳ねています。 あなたの田んぼの風景は懐かしく、癒されます。 命を見つめることの答えは….。 その答えを見つける旅はまだまだこれから続いていきます。 稲刈りのあとは園長と奥様がパン焼きをしていたのでおすそわけに焼きたてパンをかじって、ゆらりっこの果物フェイジョアをいただきました。 あぁ、ゆらりっこはいつも楽しくて美味しいです!

Featured Posts
Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Search By Tags