Sense of Wonder

11月20日のtoddlerクラス。いつものように色々な歌を歌います。 今日は新しい歌を歌うよ!”I am the Music Man.”です。 この歌はMusicを大切にしているゆらりっこにはぴったりの歌です。 歌の中で I can play. What can you play? I play the piano. という歌詞があります。トミーがI can playと言って、ママと子供達でWhat can you play? と聞きます。ピアノの部分がバイオリンやサクソフォンに変わっていく歌です。 ゆらりっこではハーモニカやウクレレを弾くのでハーモニカに変えて歌っても楽しいです。 歌いながら、”演奏できるよ、何が弾けるの?ピアノだよ。”って言えてしまいます。 これを会話にしてもなかなか覚えられないと思います。 この歌はアクションも楽しくてとてもいいと思います。 外活動はトミーが子供たちにお手伝いを頼みました。 今日は鶏に餌をやった後に、薪きストーブ用に小枝を集めてください。 最初に鶏小屋へ行きます。 入れる子は入って、入れない子は外から葉っぱをあげようね。 K君のママが「今日初めてKがHen houseに一人で入った!」と嬉しそうに教えてくれました。 やったね~!こういうのゆらりっこママには嬉しいんです! 子供の変化を目の当たりにした時、子供が成長していると感じた時、自分の子だけでなく、ゆらりっこキッズの成長が眩しいのです! 私が鶏に水をあげているとY君が僕もする!とやって来ました。 お水あげてくれるの?ありがとう。ここのお水を汲んでここからザァ~ってやるんだよ。 すると水面に何かの虫が浮いています。 Y君:あれ~?これ、何かなぁ? 私:ん?何か虫だね。 Y君:動かないね。 私:本当だね。 Y君:死んでるのかなぁ。 私:全然動かないからそうかもしれないね。どうしようか。どうしたらいいと思う? Y君:う~ん。可哀想だからお水から出してあげようよ。葉っぱの上に置こう。   土にかえるかもしれないから。 私はドキッとし、胸がキュンとなりました。 私:そうだね。そうしよう。じゃあ、お水から出そうね。 小鍋を使って虫を草の上に置きました。すると…虫が動きました。 私:あれ~っ!生きてるよ!動いてる!生きてたね~! Y君:本当だぁ。きっと風に飛ばされてお水のところに落ちちゃってたんだね。 私とY君は良かったねと言い合いました。 この何気ない会話に一人じ~んときていた私。 まだ3歳だけど色々なことを学んでいるのだなと思いました。 同時に私たちはこうして自然の中で過ごしているんだと実感しました。 我が子を連れて初めてゆらりっこに来たときの園長の言葉を思い出します。 何も教えなくていいです。 子供を自然の中においてください。 子供は自分で学んでいきます。子供を見守ってください。 本当に危険なときだけ教えてあげてください。 4年が過ぎた今、その意味が良く分かります。 レイチェルカーソンの本、センスオブワンダーの世界がゆらりっこと重なります。

Featured Posts
Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Search By Tags