Children's play Creative in nature! すももジャム作り!

6月26日快晴、すももジャム作りをしました。 前日のジュニアクラスで田植えをしていると、オーナーが

「明日すももジャムを作りましょう。すももがもう終わるから明日作らないと。」 明日とは急な!と思ったけど、すももジャム食べたい。 集まるかな?と思いつつメンバーに声をかけると、我が家含めて6家族が集まりました。 ジュニアクラスのロウェーナ先生も息子さんを連れて参加しました。 初めてゆらりっこに来たR君は大興奮! 「はい、まずはすももの木に行って美味しそうなすももを収穫しましょう。」 みんなで木を見上げながら、あっち!そっち!こっち!と赤くなったすももを探します。 最後は木をシェイクしてすももを落とします。 子供たち「うわぁ~、イテテ~!」うふふ、楽しい! 次は洗う作業。すももをゴシゴシ洗います。皮のまま煮るのでゴシゴシ。 洗ったらカットです。子供たちも包丁を手に、ママに手伝ってもらいながらカットします。 とっても上手!小さく芯を残してカットしている。 ゆらりっこの子供たちクッキングをする機会が多いので包丁を使えます。 後は蒔ストーブで焦がさないように砂糖と煮込むだけ。 火だってつけれます。 「俺がやる!」 「僕もやりたい!」 「小さい子は危ないで~す!」 うふふ…。大きい子と小さい子で会話が成立しています。かわいいなぁ。 ジャムの鍋を代わり番こでまぜまぜ。 子供たち「いい匂い~!」 3つの鍋でそれぞれの味のすももジャムが完成です。 子供たちがティスティングして好きな味を選びます。 僕はこのジャムが好き!僕はこっち~! 贅沢だなぁ~。何て素敵な時間。 私はこういった時間が大好きです。みんな集まって、みんなで作る。 ゆらりっこにはいつも季節の美味しい食べ物がある。 その食べ物を囲んで時間が流れていく。 子供たちは知らず知らずに四季を感じながら、旬のものを食べている。 誰かが言っていた。ゆらりっこでだったら何でも食べるって。 9:30集合で気がつけばもう4時。 子供たちなかなか帰れません! だって楽しすぎるもの! 自然のなかで、夢中で遊ぶ子供たち。 木や草、虫、自然しかないなかでとことん遊ぶ子供たち。 自分で考えて次から次へと遊びを創りだしていく。 誰にも指示されない、自分たちで考える。 使うのは葉っぱや、小枝、石や土…。 子供のこうした遊び方って、とっても尊いものだと思うのです。 小さい子は大きい子に必死についていく。 大きな声を出して呼んでみる。腹から声を出して叫んでみる。 ヤッホ~!オ~イ! あっ、見てごらん!とんぼが集まってきたよ。キャッチしてごらん! えいっ!えいっ!ジャンプしながらえいっ!えいっ! その姿に胸がキュン。 木漏れ日のなか、子供たちが心ゆくまで遊んでいる。 また一つ私の瞼に忘れられない光景が刻まれました。

Featured Posts
Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Search By Tags