Yurarikko’s first time making Miso! 初めてのゆらりっこ味噌作り!

3月12日、日曜日 晴天、桜開花。

ゆらりっこ初めての味噌作りをしました。

どうしても作りたかった味噌。

ゆらりっこは畑で野菜を作り、田んぼでお米を作っている。

あとは味噌があれば完璧!

昔から日本人が食べていたものです。

実は、我が家は家族で食べる野菜、米、味噌を作っています。

これが美味しくて美味しくて。

我が子もご飯と味噌汁が大好き!

ゆらりっこの野菜で味噌汁を作りたいなぁ。

美味しいだろうなぁ。

だったらみんなで作ろうよ。とダンナ。

大変な下準備はダンナが担当してくれました。

前日に大豆を水につけます。

大豆を水につけるのは簡単。

そのための準備、大釜を何度も洗う作業があります。

当日は、早朝から火をおこし、大釜でグツグツ大豆を煮ます。

お湯が沸騰するまでに1時間位。

火が絶えないようにしなくては。

やることが色々あるのです。

大豆を手でつぶしながらもう少しかな。

大豆が煮えるまで子供たちは遊んでいます。

フィオナも一緒です。

大豆が焦げないように優しく混ぜながら3時間。

ようやく大豆が柔らかくなりました。

いよいよ子供たちの出番です。

ビニール袋に麹と塩と大豆を混ぜて足で踏み踏みします。

これは楽しい!子供たち初体験です。

よ~く混ざって大豆がつぶれたら、次は団子作りです。

子供たちは踏み踏み作業だけをしてもらう予定だったけど、団子作りしたそう。

やってもらいました!

こぼさないように、丁寧にね~!

楽しそうなこと!

あぁ、菌が入りませんように。

団子ができたら容器にギュウギュウに詰めていきます。

子供たちの団子はカビてもいいように一番上にして、塩で蓋をします。

ここで裏技、わさびを乗せて完成です。

わさびは抗菌作用があるのでカビが生えにくいという記事を読み、

我が家はいつもわさびをたっぷり乗せて蓋をします。

あれ?まだ12時。

ダンナの下準備のおかげでスムーズに作業が終わりました。

Tak、ありがとう!

さて、思ったより早く終わったので、ママたちはウクレレタイム。

フィオナも一緒に歌います。

フィオナがギターを弾いて歌ってくれました。

子供たちとママたち、それぞれが楽しい時間を過ごしました。

ゆらりっこ味噌、楽しみ。

失敗しなければ秋には食べられる。

新米に、新鮮な野菜で作った味噌汁。

あぁ、楽しみ~!秋が待ち遠しい!

こうして季節の楽しみが増えていくゆらりっこです。

Featured Posts
Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Search By Tags