Flowing noodles!Summer Camp Day2 ゆらりっこサマキャン二日目

August 17, 2017

サマキャン二日目のメニュー。

・Preparation for flowing Noodles and craw(cray) fish fishing

(Collecting twigs, boil water, set the bamboo pipe etc... )

・Flowing noodles
・Crawfish(cray) fishing

・Watermelon splitting game 

 

 

サマーキャンプ二日目のメインイベントはそうめん流しです。

朝から誰が大変かって、うちのダンナです。

昨日は到着早々、ザリガニ釣りのためのアゾーラ取り。

アゾーラとは浮き草です。

池の表面をびっしり覆ったアゾーラを取り除かないとザリガニ釣りはできません。

呑気に子供たちと取り除こうと考えていた私に、オーナーから喝っ!

私が出来ない代わりにダンナが作業をしてくれました。

ズボンが破けるまで。ゴメン…。

 

そして、今日はそうめん流しの土台作り。

土台をしっかり作っておかないとそうめんを流せません。

悪戦苦闘して、ダンナが一人で土台を作ってくれました。

 

ゆらりっこは私とダンナ、トミー、オーナーの四人しかいません。

私とトミーがレッスンに集中すると、その他の様々な作業をするのはダンナしかいないのです。

ダンナはサマキャンのドキュメンタリー映像を撮影する予定でしたが、

撮影を中止にして作業をすることになりました。

辛いところです。

今日はオーナーの奥様も来てくれているのでホッとしました。

 

さて、大釜に火をつけるのは私の担当です。

これもまた簡単に火がつくだろうと考えていた私。

甘かった。火がつかない。全然つかない。

30分経ってもつかない。

結局オーナーの力を借りることに。

鉈で木を細く切って空気を入れるように、火をつけたら優しく扇ぐ。

見てたら簡単なのに、いざすると出来ない。

悔しい。

 

火がつけばあとは茹でるだけ。

でも、これがまた大変!

熱い、煙たい、目が痛い、そして暑い。

トミーとダンナ、ベッキーちゃんの三人が一生懸命茹でてくれました。

 

そうめんを流すよ~!The noodles are coming!

手作りの竹の器と箸でいただきます。

子供たち上手にそうめんをキャッチして美味しそうに食べています。

今日はそうめん流し初体験のイギリス人ファミリー、Casperの友達のOtiliaも参加しています。

 

皆んながそうめんを食べている姿をH君のママ、ペギーちゃんが見つめています。

「みんな大きくなりましたね~。箸が上手に使えるようになって。

 ゆらりっこに来ている子供たちは幸せですね。

 周りにいる大人たちが本当に優しいですもの。

 優しく温かく見守っていますよね。」

その目は涙で潤んでいるのか、煙が目に沁みたのか…。

 

ゆらりっこは皆んな仲が良い。

0歳から8歳までの子供たちとママの年齢もバラバラだ。

今日なんて、親戚一同集まった感がある。

ママの代わりにパパが来たり、ばぁばが来たり、じぃじが差し入れのスイカを持ってきてくれたり。

互いの子供の成長を見守っている。

他では味わえないだろう。

我が子だけでなく他の子の成長にも目を細めてしまう。

ちょっと私もうるっときてしまう。

 

そうめん流しの後は、ザリガニ釣り、スイカ割りで夏の一時を楽しみました。

S君のママのサキちゃんは、暑い中ひたすらかき氷屋さんをしてくれました。

 

昨日子供たちが描いた絵をタックが仕上げてくれました。

皆んなで写真を撮っておこう。

もう、この状態で見るのはこれが最後だから。

(うふふ。楽しみにしててね。)

 

気がつけば4時です。やっぱり2時には帰れないね~。

 

さあ、キャンプ最終日は明後日の金曜日。

キャンプファイヤーと花火とバーベキュー!

盛り上がろうね!!

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

Let's work together. Great team work!! 皆んなで協力しよう!最高のチームワーク!

June 18, 2018

1/5
Please reload

Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Please reload

Search By Tags
Please reload