The future is now. 未来とは今である

May 29, 2019

3月24日。

2018年度、ジュニアクラスの修了式。

 

ゆらりっこのジュニアクラスの仲間たち。

子供達が小さな頃から、親子で共に成長してきた仲間です。

私の息子が2011年の春、2歳になる前、ここの第1号生徒としてやってきました。

2年間を生徒として通ったゆらりっこ。

その時の英語仲間は一人もいません。

 

2013年、私がゆらりっこを運営することになり、無我夢中でやってきた6年間。

この6年の間に生徒としてやってきたのが今のジュニアクラスの仲間たちです。

最初は友達に声をかけたり、チラシを作って配ったり...。

なかなか人が集まりませんでした。

それでもゆっくりと時間をかけてやっていきました。

少しずつ人が増えてきて、今では第2子、第3子を産んで戻ってきてくれたり。

赤ちゃんから9歳までの幅が広いクラスになりました。

子供たちの出会いも、4歳だったり、1歳だったり、0歳だったりとバラバラで、

ママの年齢もバラバラ。

でも、子育ての大切な時期を、どんな風に過ごしたいのか、何に意味を持つのかを思う気持ちは

同じだったのでしょう。

 

この6年間で子供たちは何にも代えがたい貴重な経験をしました。

今、するべきこと。

今だからこそ、しておきたいこと。

五感を刺激しながら、本当にたくさんのことを吸収したと思います。

子供たちは自分で学びました。

ワクワク、ドキドキ、好奇心が体を突き動かす。

親は忍耐強く、その字の通り、木の上から立って見るように、優しく見守りました。

時には厳しく!

 

子供たちは色々なことに熱中しました。

飽きるまで…。

いや飽きなかった!笑

 

ゆらりっこキッズは、何でも遊びに変えてしまう。

何にも無い場所でも、遊びを生み出す。

だから、お日様が高くなる前に集まって、空が真っ赤に染まるまで遊ぶ。

ずっと外で!

 

そして、それに親も付き合う。

もう帰ろう、もう帰るよ、何度も何度も言うけれど、楽しくって帰れない。

そんな日々が6年間続きました。

 

6年の間に、どれだけ成長したか。

知らない間に親も成長している。

それを証明できるデータなんて無いけれど、

ここに1つの言葉があります。

ゆらりっこの子供たちを見て、ぴったりの言葉!

 

The future is now. 未来とは今である。

by Margaret Mead

 

今ここにる子供たちの姿が未来。


そう信じて…。

 

ゆらりっこは小さな教室だけど、大きな未来に繋がっている。

 

10年後のみんな、どんな風になってるだろう。

 

我が子に聞いてみた。

 

10年後は20才になってるね。

小さい頃のこと、どんな事を思い出すと思う?


すぐに答えが返ってきた。

 

”う~んとね、ゆらりっこのことやない?”

 

もうこれで十分!

 

全てに感謝!

ありがとう。

ありがとう!

 

こうしてゆらりっこの第一章は幕を閉じます。

山あり谷ありのでこぼこ道を乗り越えて、ゆらりっこは第二章へと続きます。

 

人は人の中で育つ。

 

じっくりと共に育っていく仲間がいればこそよく分かる言葉です。

 

10年後が楽しみなのは、親である私たちもです。

10年後は”ぶらりっこ”を作って、親だけで集まってぶらぶらしているかもしれません。

昔話に花を咲かせて。笑

 

 

 

Please reload

Featured Posts

Let's work together. Great team work!! 皆んなで協力しよう!最高のチームワーク!

June 18, 2018

1/5
Please reload

Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Please reload

Search By Tags
Please reload